HOME>レポート>医療現場の仕事を理解してから資格を取得しよう

医療現場の仕事を理解してから資格を取得しよう

女性

キャリアアップを図るために必要な資格について

医療事務の資格はバリエーション豊富ですから、キャリアアップを図ろうと思えば、決して難しいことはありません。歯科医院には歯科の医療事務に関する資格がありますが、気をつけたいのは、自分が目標とするフィールドによってどの資格が相応しくなるかが異なることです。自分の目的に適した資格にチャレンジしなければ、キャリアアップは図れないでしょう。もちろん、専門的ではなくオールマイティーに網羅する資格もないワケではありません。まずは、医療事務の業務を全体的に網羅するような標準的なタイプの資格を取得しておけば、それからステップアップし、特定分野に特化した資格取得が容易になるかとも思えます。医療事務ならまずは、診療報酬請求事務能力認定試験やメディカルクラークなどが当てはまります。

workplace

働き方の選択肢が増える医療事務のシゴト

医療事務の仕事は、医療機関などでの窓口業務や診療報酬請求事務業務など、医療事務職にあたります。働き方としては、医科・歯科などがありますが、選択肢はさらに広がりを見せます。例えば、医療事務以外の資格も役立つことをご存じでしょうか。そのことからも『転職先』に幅が拡がりました。レセプト業務など、一般事務と共通していますが、受付では会計も担いますし、パソコン操作も含みますから、総務、人事などの知識も備わることになります。となれば、そうした働き方も期待できるでしょうから、医療機関のみならず、一般商社にも就職・転職ができます。もちろん、医療英会話の資格などによっては、医師の書籍の翻訳という仕事を務めることさえあるでしょう。